ママでも、美女入門。

節約しつつ、美人で英語が話せる才色兼備ママを目指す!

★赤ちゃんと一緒★ 長距離帰省 東北新幹線を攻略!

3ヶ月にもなると娘も首がだいぶしっかりしてきました。

旦那の休みも取れたので、義実家に娘連れで遊びに行くことに。

英語の勉強とダイエットも、ひとまずおやすみです。

 

ちなみに今回は旦那とは後で合流することになったため、行きは娘と私の二人旅になりました。心配度MAX!!!乗り換えの少なさを優先し飛行機ではなく新幹線での移動にしました。

娘との長距離移動は初めて...万全を期すべく準備しましたよ。

 

事前準備

移動中の体力温存と小回りがきくように両手をあけるため、手荷物はママリュックひとつにコンパクトにまとめました。その他のものは滞在先に事前に送っておきました。これだけで大分楽に!
財布はママさんおなじみの背面ファスナーからリュックにいれて、すぐ取り出せるように。
 
抱っこ紐はエルゴ使ってますが、前面のポケット部分にはよだれ用ガーゼとお気に入りの小さいおもちゃをセット。
 
普段あまり使ってませんでしたが、この日のためにおしゃぶりも練習しました。車内で落ちないようにクリップ付きの紐を着けてこちらはリュックのとりだしやすい位置に。抱っこ紐中は指しゃぶりが自由にしづらそうだったので、口元で遊ばせてあげることで娘の息抜きになりました。
 
リュックのなかには授乳カバー、熱々のお湯と調乳用ベビーウォーター、オムツグッズ、音があまり鳴らない布絵本などいれてたらリュックがぱんぱんに!でも移動の楽さから、結果的にリュックで正解でした。
 

サラリーマンの少ない時間帯をねらう

朝や夕方の最も混雑していると思われる時間帯での移動はそもそも避けました。込み合ってる車内だと娘も緊張するだろうし、いつ泣くかわからない密室空間で私の気持ちが持ちこたえられるかわからなかったので。。
 

多目的近くの5号車のDE席で

系統によって異なるかもしれませんが、私が乗ったはやぶさだと5号車に多目的室がありました。多目的室は通常の座席とは異なり、席を倒すことで人が寝れるくらいのスペースがある特別な個室です。
いざというときを考え、まずは5号車を選択。
また、3人がけ席だと見知らぬ人の隣に座るかもしれない可能性が高まるため、極力迷惑をかけないようにDE席を選択。
赤ちゃんが泣いたときもすぐにデッキに逃げれるよう多目的室近くのデッキ側端がベストです。
新幹線の座席販売日になったすぐ席をおさえましょう。

赤ちゃん用の席をとってしまうのもアリ

 本来大人1乳児1の移動で通常であれば乳児分の料金は取られませんが、今回私は念には念を入れて子ども1人分の席を払い、実質2席とりました。事情があって大人1人で乳幼児を見なくてはいけない方、混みあわないシーズン・時間で、なおかつ金銭的に少しでも余裕がある場合は子どもの分の席も取ることをお勧めします。隣に他人が座ることがないだけで、気持ちにだいぶ余裕が出ますよ!

いざ出発!多目的室利用時は声がけが必要

基本的には病気の方や身体に障害のある方の為の部屋で常に解放されているわけではありません。車掌さんや車内販売の方などに声がけし、空いているか確認後鍵を開けてもらいます。授乳などの用事がすんだらすみやかにまた声がけして閉めてもらいましょう。
 
実ははやぶさでは実際に使用することはなかったのですが、前に使用した人がいたのか開ボタンを押したら開いちゃいました...。偶然にも見ることができた中の様子です。

f:id:eng2016ing:20170129064153j:image

f:id:eng2016ing:20170129064310j:image
 こじんまりとした空間ですが、赤ちゃんを横にさせてちゃちゃっとおむつ替えする位なら十分そうでした。
 

ベビーベッド付きトイレあります

多目的室の近くにあるトイレです。新幹線を降りてからだと乗換えや移動でゆっくり自分の用がたせないと思ったので降車の少し前に新幹線内のトイレを使いました。
 
f:id:eng2016ing:20170131133027j:image
結構狭いのですが、大人の洋式トイレの上に赤ちゃんのおむつ替え台があります。私の場合、おむつ替え台の上に娘を寝かせてささっと用をたしましたが、特に問題なかったです。(ついでに娘のおむつ替えもしちゃいました。)
洋式トイレの正面に鏡があり、トイレに座りながら赤ちゃんの様子も確認することができました。ベビーキープもあったので、少し大きな子どもなら一緒にトイレに入ることができますよ。

東京駅新幹線改札内ベビー休憩室

新幹線の改札内では1F北側にベビー休憩室があります。こじんまりとした部屋ですが、おむつ替えベッドが3つ、使用済みオムツを捨てるゴミ箱、授乳ブース3つ、お湯、水道などがありました。私はここで娘にミルクをあげたり、ミルク用のお湯を調達しました。授乳ブースはカーテンで仕切られており中に椅子があるのでママのちょっとした息抜きにもなります。
東京駅構内銀の鈴近くにもベビー休憩室があるようなので、すぐ改札を出られる方はそちらを利用してもいいですね。
駅近くの施設では、大丸の授乳室はキレイらしいです。

【番外編】席が空いてるのにデッキ通路に座って駄弁る大人、やめてくれないかな?

私が乗車した時、多目的室とトイレの間のデッキ通路で3,40代の男性4人が通路に座っておしゃべりしていました。乗車中の息抜きかな?と思って最初はあまり気にしていませんでしたが、終点直前までずっと同じ場所に陣取ったまま動かず。トイレに入ろうと思っても、正直じゃまで仕方がない!!

いい大人はマナーを守って席に着きましょうね!

次は東海道新幹線編

 

eng2016ing.hatenablog.com