読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママでも、美女入門。

節約しつつ、美人で英語が話せる才色兼備ママを目指す!

2020年東京五輪 ボランティア要件

昨年は小池都知事のおかげもあって、オリンピック施設問題が大きくメディアで取り上げられました。

そんな中、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会ボランティアに求める要件の素案を発表した件がネットで話題になっていましたね。

東京五輪 ボランティア要件 

■ボランティアに求める要件

・コミュニケーション能力がある
・外国語が話せる
・1日8時間、10日間以上できる
・採用面接や3段階の研修を受けられる
・2020年4月1日時点で18歳以上
・競技の知識があるか、観戦経験がある

相当なスキルと経験が求められますね。

 ”こんな人いるのか”とか、”奴隷かよ!”といった声が上がっていました。

こういった要件を満たしつつ、無給で奉仕できるボランティア精神あふれる人は日本に何人いるのかと純粋に気になりますが、理想を言うとこういう条件になるわなぁと記事を読んで思いました。

経験者は語る

オリンピックボランティアになるための本 (インプレスムック)

オリンピックボランティアになるための本 (インプレスムック)

 

2大会でオリンピックボランティアを務めた市井愛さんの著書を読みました。一言でボランティアといっても19種類もあるそうです。上記の要件のように誰しもがなれるわけではなさそうな大会ボランティアですが、選手の誘導、マスコミ取材の仕切り、開会式のパフォーマンス、競技の準備、通訳、VIPのお世話などなど・・・、選手でなくでも大会にかかわることのできる一生に一度の機会、やりがいはかなりありそうです。

要件をクリアするには?2020年はどこで何してる?

現在ママ初心者、東南アジア某国在住のわたし。

「開催の2年前」である2018年・夏頃に募集要項が発表されるそうです。そこから「応募→選考→採用→研修」という過程を経て本番とのことですので、2018年夏までにはある程度上記要件の中の外国語が話せる、競技の知識があるか・観戦経験があるについてはクリアしていたほうがよさそう。

なにはともあれ、目指せ五輪ボランティア

すでに日本セーリング連盟はボランティアを募集しているようです。

私自身、正直子育てや住まいの状況によってボランティアに参加できるかわかりません。

でもなんらかの形ではオリンピックに関わりたいと思いながら英語学習のモチベーションにしています。