ママでも、美女入門。

節約しつつ、美人で英語が話せる才色兼備ママを目指す!

英語を勉強したいと思った理由

出産し、今後まとまった時間がとれないだろうと思われるなか、前々から習得したいと思っていた英語に改めて挑戦したいなと思った理由がいくつかあります。 

外国生活と、こどものこと

私は今、東南アジアの非英語圏に住んでおり、出産のため日本に里帰り中。
現地語習得は早々に挫折・・・。発音がとにかく難しく、苦労して習得してもその国以外では通じないので、勉強するモチベーションが保てなかったのが理由です。
なので早々と、もともと興味のあった英語の勉強に切り替えることに!! 

私が住む国の公用語はもちろん現地の言葉なので、英語を習得したからといって 現地の人たちとコミュニケーションが密にとれるようになるわけではありません。
ただし、暮らしてみてわかったことは、やっぱり英語は重要だということ!

現地人が現地の言葉を話せない外国人とコミュニケーションをとるときの言語は、やはり英語なのです。(カタコトの英語同士でなんとかコミュニケーションをとる様はなんともいえない必死さがあります)

それに加えて、当然外国人が行くような施設・お店・レストラン・ホテルなどは英語完備ですし、例えば英語での旅行ツアーは日本語ツアーに比べるとはるかに選択肢が増えます。日常生活においても、非英語圏とはいえ英語が理解できるだけで得られる情報量がかなりちがいます。

そして、これからの子育てにおいて一番気になるのは赤ちゃんとの生活です。

現地での妊婦時代は、幸い日本語通訳のいる国際病院で検診を受けていて、特に不便を感じていません。しかし、赤ちゃんとの生活がはじまり、いざ赤ちゃんに何かあったとき・・・夫が仕事で不在となると、もはや守ってあげられるのは自分のみ!!!
未知の世界なのですが、赤ちゃんの急な病気や身の回りのお世話など、英語で主張できるのとそうでないのとではかなり違うと思うのです。 

 帰国後の就職に生かせたら。

今は駐在妻という身分になる私ですが、日本での仕事を辞めて夫についてきた訳です。もともとあってないようなキャリアしかありませんが、このモラトリアム期間に取得した宅建・簿記と英語をリンクさせて、いつか再就職できたらいいな~と、夢を描いております。 

もちろん、そう人生上手くいかないのはわかってますよ!

夢の2020年東京オリンピック!!

結構スポーツの世界大会とか、アスリート密着番組とかを観るのが好きなんです。 

自分が生きてる間にオリンピックが日本で開催されるなんて・・・そしてそれに自分が何らかの形で参加出来たら絶対楽しいよなぁと思ってます。

2020年、さすがに日本に本帰国になってると思うしね、うん。

 

ということで、野望的目標がかなり含まれています。

目標に近づくべく、育児という未知のステージに突入してますが 、ちょっとずつでも前に進んでいきたいです。