読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママでも、美女入門。

節約しつつ、美人で英語が話せる才色兼備ママを目指す!

日本語を学ぶアジアの大学生

駐在妻生活

現在暮らしている東南アジア某国で、先日まで週に1度日本語を学ぶ大学生の日本語補助ボランティアをしていました。

単科大学だったのですが日本の大学と提携する日本語学習センターを併設しており、そのセンターにも所属している学生たちは、本業の勉強×日本語の二束のわらじで頑張っています。

大学生活をしていたあの頃に戻りたくなった

f:id:eng2016ing:20160627191951j:image

 

ボランティアをして感じたのが、

  • 大学ってやっぱり活気があっていいなぁ
  • なんで1年生でこんなに日本語でコミュニケーションがとれるのか謎
  • っていうか、なんでそんなに話せるの?

1年生でも日本語でパワーポイントを使った発表もしますし、4年生は原稿を見ずに日本語で論文をスピーチしたりしています。他の国にある同じ系列の日本語センターとインターネットを通じてのテレビ発表会もしていました。学生らしい、論点がぶれ気味の発表もありましたが、発表内容はほぼ日本語で理解できましたよ!

学生のみんなは漢字が難しいと言いますが、全く0の状態からはじめて1年生修了の時点で簡単な漢字とひらがな・カタカナで日記を書けるくらいには成長しています。驚き・・・!

ちなみにたまたまこのセンターの学生がまじめな子が多いのかもしれませんが、アルバイトもあまりせず、恋人を作る暇もないほど勉強しているとのこと。
日本の大学生じゃ考えられない・・・

日本への興味と芸能事情

日本に興味を持ったきっかけはニュースでの日本の報道やアニメが大半の様です。ドラえもんやちびまるこちゃんの人気の高さよ・・・

日本のドラマとかも観てる子はいますが、芸能面は韓国のほうが圧倒的人気。日本のアイドルより韓流アイドルの認知度のほうが高いです。このあたり、日本のエンタメ配給会社はもうちょっと頑張ってほしいなぁ。

そして、やっぱりみんな素直。

ボランティアも実質5ヶ月くらいしかできませんでしたが、6月下旬には学年のカリキュラムがすべて終了し夏休みに入るため、修了式に参加してきました。

修了式の日、在校生から卒業生に向けて日本の卒業式でおなじみの♪歌よ、ありがとうの合唱を披露してくれた時には、思わず目頭にぐっときました~ 。澄んだ目で見つめる、あの穢れのない感じ。

 自分も負けずに進歩しなきゃな

現地語も勉強したものの単語・発音でつまづき挫折した自分・・・

自分も頑張らなきゃなと、刺激を受ける日々でした。