ママでも、美女入門。

節約しつつ、美人で英語が話せる才色兼備ママを目指す!

海外で妊婦検診を受けて痛感した、英語力不足。

基本的に現地語でのやり取りなのですが、国際病院のため病院のスタッフは皆英語が話せます。

私は日本語通訳をつけているので、その方がいるときは正直なんとかなります。ただ通訳さんも私だけにマンツーマンでついてくれている訳ではないので、いない瞬間が多々あります。

 

その時に試されるのです、己の英語力が・・・!!

 

ちょっと困ったのは、ある日の会計と糖尿病検査の時。
 insurance(保険)urine(尿)といった、病院で頻出の単語がわかりませんでした・・・

よくそんなんで海外で暮らしてるなと思われているそこのあなた、
私の英語力なんてこんなものです(泣)。

urineの意味が分からず、看護師さんからジェスチャーしながら「water」と説明してもらった時には、内心ごめんねと思ってました・・・。

検査も50%位の理解力で受診完了。

正直英語がよく分からなくても何とかなるものですが、子どもが産まれてから病院にお世話になることがあったら・・・と、不安が募る私です。

 

やっぱり出来たほうがいいよね、英語。